オイタの罰に時効はありません

最後に登場する典子さん(75歳・主婦)の体験は過去にさかのぼる。

昭和50年代、彼女が40歳を過ぎた頃の話だ。

「子どもも手を離れ、味気ない毎日が続いてました。もともと器量自慢で、若いころから男性受けはよかったのです。それで、ちょっとオイタでもしようって気になりまして。でも、世間体も大事ですから、秘密厳守できる安全な相手じゃないと」

そこで目をつけたのが、なんと交番の巡査。

家庭巡回がまめに行われていた時代で、ねぎらいにお茶をだすくらいは普通だったとか。

「だんだん色っぽい話に持っていき、誘えばイチコロでした。よく利用したのは、当時流行りだった同伴喫茶というところ。アベック専用に仕切られた喫茶店で、狭くて真っ暗な中、男女がキスしたり触りあったり、秘め事をするんです」

典子さんの目的はセッ○スというより、男性を夢中にさせることだったそう。

相手も立場上かなり慎重で、駐在任期が終われば交際もそれまで。

次に赴任してきた人とも同様の展開に。

しかし、3人目の巡査が、予想以上に典子さんの虜になってしまった。

「地方から上京したての純朴な人で。好きだ、辞職する、妻子を捨てるだの一緒になりたいのと、ずいぶん手を焼きました。求愛は8年続き、私もほだされて、途中で体の関係をもった。50代半ばに、私が大病してことでつきあいは終わりましたけど」

そこから年月は過ぎ、典子さんが古希を迎えた頃のこと。

ある午後、同居している長男の嫁が典子さんに来客を告げた。

玄関に出ると、60歳前後の女性が立っている。

「典子さんですね、と聞かれて、ハイと返事をしたら、いきなり往復ビンタ『よくも夫を』『許さない!』と叫ぶその人は、私への恋に狂ったあの巡査の妻だった」

20年前に別れた彼は、1ヶ月前に病死したのだという。

遺品の日記に、典子さんとの関係や8年に及ぶ思いが克明につづられていたらしい。

巡査婦人の怒りはそれだけではおさまらなかったようで、その日行こう、洗濯物を切り裂かれたり、無言電話がかかってきたり。

家の塀に「アバズレの家」「死ね」「地獄に落ちろ」とスプレーで落書きをされたこともあったという。

「息子夫婦が警察に相談して、塀を塗り替え、防犯カメラを設置し、騒ぎはおさまりました。でも、当然ながら、穏やかな老後は、肩身が狭く息苦しい毎日に一変です。落書きは、若いお嬢さんが書いたように見えた。彼の娘さんだったのでしょう。」

オイタの罰に時効はありません。と口にした典子さんに対しては、私はただうなずくことしかできませんでした。

4人に共通していえるのは、夫や周囲に知られぬよう、最大限の注意を払っていたということ。

それでも運命のいたずらで、浮気が露見してしまう事態は避けられなかった。

人生に”絶対”はない。

秘密の恋と危険は常に背中合わせだということです。

おすすめ

でべそ手術のポータルサイト

厳重すぎるアリバイが裏目に出て大騒動に

次は真逆のケース。

初不倫の慎重さが裏目に出た早苗さん(45歳・自営業)だ。

彼女は、親のすすめた夫と29歳で結婚した。

しあかし、フタを開ければ夫は横暴で、朝帰りしても開き直るような女好き。

雑貨店の事務と3人の子育てに追われる早苗さんは、実家の母親や幼なじみのT子さんに夫の愚痴をこぼすことで、不条理な結婚生活に耐えていた。

そんな彼女を気遣い、T子さんはよく外出に誘ってくれたという。

4年前のある夜、いつものようにT子に誘われて飲み会に参加。

それが「既婚者合コン」だと気づいたときは焦ったが、酔いも手伝い、早苗さんは隣に座ったB氏と打ち解けた。

メール交際から恋が芽生えて、デートを重ねるようになり

「ある日、シティホテルで食事したのですが、彼は部屋をとっていたんです。戸惑いながらついていくと、中に入るなりキスされて。あまりに突然で頭が真っ白になり、そのまま一線を越えてしまった。その後が大変でした。初めての過ちでひどく混乱して。だけど、彼に会いたい。でも夫にバレたら終わり。その苦しみを相談できるのは、T子さんだけでした」

友情に厚いT子さんは、早苗さんのために徹底的なアリバイ工作を開始。

早苗さんの母親とも親しかったので、「女性向けの自己啓発セミナーに2人で入会した」と、口裏を合わせてくれた。

”月に1度の宿泊研修”を家族公認にするためだ。

当日は、早苗さんが3人の子どもを実家に預けるときにも付き添ってくれた。

自分と一緒にいる写真を撮って、早苗さんから子どもたちの携帯に遅らせるなど、周到に根回し。

「T子のおかげで母は口実を疑うこともなく、私は安心して彼と2人きりの時間に溺れられました」

だが、幸せのしっぺがえしが半年後にやってきた。

その夜も、T子さんと一緒に実家に子どもたちを預け、駅で彼女と別れてから、ラブホテルの一室でB氏と合流。

「デパ地下で買ったごちそうを広げ、ワインも開けて。くつろいで食事していたとき、携帯に母から電話がかかってきたんです」

一抹の不安を押し殺して電話に出ると、「あなた、今、誰とどこにいるの」

ただならぬ怒気を含んだ母親の声。

矢継ぎ早に、ファミリーレストランにいるT子さん一家の姿を、早苗さんの夫が偶然目撃したと聞かされた。

「音から電話を受けた母が、T子に連絡し、誘導尋問して、セミナーが嘘だと暴いたんです。目の前が真っ暗になりましたね」

これまでのアリバイ工作が周到であったからこそ、母親のショックは大きかったようだ。

話を聞いた早苗さんの父もパニックに陥ったという。

結局、両親をも巻き込んでの大騒動になってしまった。

「T子とは責任を感じてか疎遠になり、夫は相変わらず朝帰り。彼からは私を心配するメールがきまいたが、あれから会っていません。もう二度と、浮気はしたくない」

早苗さんは白っぽく乾いた唇をかみしめた

 

おすすめリンク

通信制高校の選び方.net

衝撃の画像を見られて「万事休す、です」

夫とのセッ○スレス歴20年の涼子さん(52歳・ヘルパー)は、浮気歴も20年。
夫の無関心を最愛に、相手を入れ替えながら仮面妻を演じ続けてきたと語る。
「私は浮気常習者だから、バレないことには自信がありました。でも交際半年の年下の彼を喜ばせたくて、調子に乗りすぎたのがいけなかったんでしょうね」

2年前のバレンタインデー。
涼子さんは、彼と朝からラブホテルにこもった。
この時、プレゼントとしてあるものを用意していたという。
「チョコレートフォンデュセットです。溶かしたチョコを彼の陰部に塗りつけて舐めるというプレイをしてあげたら、彼が大興奮。私のデジカメでチョコ舐めプレイを彼に撮影させたりもして。燃えに燃えたセッ○スのあと、彼の腕枕で画像を見ながら、余韻を分かち合いました。」

夕方に帰宅した涼子さんは、いつものように寝室へ直行。
そして、よそゆきのブランドバッグの中身を、デジカメを除き、普段使いのベージュのバッグにすべて移し替えた。
灑の画像は、後でこっそり削除するつもりだったとか。
少し前に家族用の新しいデジカメを購入済みで、古いカメラは』涼子さんしか使わないという安心もあったらしい。

棚の奥深くにブランドバッグを押し込むと、夕飯作りを開始。
途中、大学生の長女が「片思いの男の子から呼び出された」とはしゃいで外出するのを背中で見送った。
「夫の帰宅後は、普通に食事し、テレビをみました。やがて、風呂に入る、と腰をあげた夫が、『明日部下の祝い事があるので金をくれ』と。」

ソファに寝そべっていた涼子さんは、何も考えずに答えた。
「私の財布から取って。寝室の鏡台に置いてあるベージュのバッグの中よ。」

約10分後。
リビングに戻ってきた夫を見た涼子さんは、異変を察した。
いつになく険しい表情を浮かべ、血がのぼったように赤黒い顔。
そして、ワナワナと震える手には、あのデジカメが。
「後で分かったのですが、デートに出かけた娘が、こっそり私のブランドバッグを持ちだしていたんです。中にあったデジカメは、ポンと私の普段使いのバッグの中へ。財布を探した夫がそれに気づき、なにげなく画像を見た。で、万事休す、です」

妻のあられもない姿をみた夫の逆上は、さぞすさまじかっただろう。
一言も返せず罵声を浴び続ける涼子さんは、はたして娘も画像を見たのかどうか、それだけが気がかりだったそうだ。
幸い見られていなかったとわかり、安堵したとはいうが。
「私にも夫への恨みや言い分があったけれど、あの画像はさすがにまずかった。今でも胸が痛くて・・・。夫はあれから口もきかない、私の顔も見ない。この先離婚を切り出されたら、応じるしかないかも」

慣れが起こした油断だったと、涼子さんはため息をついた。

おすすめリンク
タトゥーを消したい人のためのサイト

思い出のホテルへ到着、駐車場で目にしたのは

「まさかあんな偶然があるなんて」と、肩をすくめた佳子さん。

子どもが通う学校のPTA仲間だったA氏と浮気したときのことを振り返る。

出会いは創立50周年の式典準備。

佳子さんもA氏も、夫婦そろって役員として参加していたのだそうだ。

式典が無事に終了した後、役員たちとの打ち上げで、佳子さんはA氏といいムードになる。

そして、ドライブに誘われた。

「酔って騒いでいるとはいえ、夫が隣のテーブルにいるのに。でも、魚心あれば水心で、即OKしました。」

約束の日、子どもは部活動から直接塾へ生き、夫は早朝からゴルフ。

日常から解放された佳子さんは、迎えにきたA氏に、青春の思い出のある海辺まで車を走らせてもらった。

目的地は、独身時代に当時は恋人だった夫と何度も利用した、お気に入りのラブホテル。

だって、「駐車場について目を疑いました。だって見慣れたわが車が停まっていたんですから。」

車中で唖然としていると、ホテルの出口から夫が出てきて、見事に「鉢合わせ」。

夫の隣にいたのは、なんとPTA仲間の主婦だった。

A氏はサッと身をかがめたため、見つからずに済んだらしい。

「車に乗る直前、夫が何気なく振り返り、目が合った。怒りがこみあげましたね。自分のことを棚にあげて、ですけれど。でも、その時点で私は未遂、夫は事後。しかも、相手は仲間内でも最も評判の悪い女。趣味が悪いし、安直すぎる。もう許せなくて。私、やられたらやりかえす正確なんです。それまでのAさんへのときめきはどこへやら、とにかく夫に復讐しようと思いました。」

夫が車で逃げると、佳子さんはすっかり及び腰になっているA氏を「ショック」「悲しい」と泣き落として部屋へ。

当初の予定通りセッ○スという目的を果たしたのだという。

「帰宅すると、その日は私も夫も、何食わぬ顔でいつもどおり会話をしたし、いつもどおりベッドで並んで寝ました。ただし、いつ相手が口火を切っても応戦できるよう、どちらも身構えて緊迫した空気。1ヶ月くらいはそんな感じで、気まずかったです。」

A氏とはそれっきり、役員も夫婦で自体した。

だが、なんとそれ行こう、夫との仲は親密なものになったいったというのだ。

結婚前の思い出のラブホテルに、浮気相手を連れて行く。

そんな変わった息の合い方をしたことで、かえってお互いに相性の良さを再確認できた、ということのようだ。